BUKO クリームチーズコンテスト 2016 デンマーク研修レポート

 

 

5月19日

 

成田からコペンハーゲンへ

スカンジナビア航空(SAS)でお昼前に成田空港を離陸。約12時間のフライトの後、順調にコペンハーゲンに到着しました。
ホテルにチェックインして少し休憩をした後は、レストランHöstで夕食です。北欧デザインの清潔感のある空間で北欧料理とデンマークビールを堪能しました。使用されている食材をはじめ、盛り付け方や食器のデザインなど、初めて体験する北欧の料理に全員興味深々でした。
23時を過ぎてもまだ夕方くらいの明るさに時差ボケが重なり、変な感覚に陥ったところで初日は終了しました。

 

 

 

5月20日

 

コペンハーゲン

この時期のコペンハーゲンは夜の時間がとても短いのに驚きながら、宿泊先のホテルで朝7時に全員で朝食を。日本のホテルの朝食ブッフェでは定番の、葉物野菜のサラダが無いのに戸惑いましたが、さすがはデンマーク!種類豊富なチーズ、ハムやソーセージが絶品でした。
朝食が美味しくて食べ過ぎを感じながらも、今日はフードツアーに参加します。アーラフーズのアネマリさんとフードツアーガイドのミノさんの案内でトーヴェヘーラネ市場へ。約60ものショップが並ぶ市場では、まず最初にアーラフーズのプレミアムチーズ スタンド「UNIKA」へ。ここでしか取り扱っていないプレミアムチーズを堪能した後は、市場内でデンマークの伝統的な焼き菓子、グミ、チョコレートなど次々と試食が続きました。
その後植物園を散策して園内の養蜂場を見学。飯岡さんは蜂には近づく事ができませんでしたが、森下さんは飛び回る蜂たちにも大興奮でした。
少しお腹が落ち着いたところで、デンマークの伝統料理スモーブロー、オーガニックビール、ホットドックなどを頂き再び市場へ。皆さんプロの職人なので、調理器具を取り扱うお店で入念に品定めをし、価格交渉までしてお気に入りの器具を購入していました。
30℃近い気温のなか、このツアーでの歩行距離は13.6kmと、とても良い運動になりました。コペンハーゲンの街を歩いていると所々でアーラフーズの緑色のケースを発見。自転車のカゴにもなっていたのは驚きでした。
この日の夕食はアーラフーズのアネッテさんも合流して、レストランTapasの外のテラス席でピンチョスを頂きました。

 

 

 

5月21日

 

コペンハーゲン

今日はコペンハーゲンの市内観光です。昨日までの晴天から一転して肌寒い気温。今にも雨が降り出しそうな天気の中、コペンハーゲン観光の定番、ボートツアーからスタートしました。ボートが出発してまもなくは、頭上すれすれの橋の下をボートで通過するので、皆さん頭をかがめながら苦笑いです。オーフスから来た水上飛行機や王室専用船などとすれ違ったり、コペンハーゲンの絵のように綺麗な風景を眺めながら、素敵な時間を過ごしました。
ボートを降りる頃には少し雨が降ってきたので、全員でアーラフーズのグリーンの傘をさして次の目的地クリスチャンボー城へ。城内を見学後昼食は、城内の高層階にあるレストランでランチです。保安検査を受けてから専用エレベータで到着。アーラフーズのUNIKAのプレミアムチーズとデンマークの定番スモーブローを頂きました。
午後はコペンハーゲンで149年の歴史がある「La Glace」でケーキを購入し、アーラフーズのアネッテさんのご自宅へ。デンマークスタイルのリビングで、ゆったりとケーキを味わいました。プチヒュッゲを堪能して皆さんリラックスできたかな?
夕方は自由行動。コペンハーゲンのメインストリート(通称銀座!?)で皆さん思い思いにお買い物を楽しみました。
夕食はコペンハーゲンの名所チボリ公園内にある、仔牛のカツレツ、サーモングリルや小エビ料理で有名なレストラン「Grøften」でのひと時です。横山さんはデンマークの生ビールがいちばん美味しかったようです。