BUKO クリームチーズコンテスト 2016 デンマーク研修レポート


 

6月11日

 

成田からコペンハーゲンへ

スカンジナビア航空(SAS)でお昼前には成田空港を離陸、と思っていたのですが、なんと2時間近くもフライトが遅れ、お腹をすかせながら搭乗することに。コペンハーゲンへ到着したのは夕方6時近くでしたが、さすがは夏至が間近の北欧。とても明るい日射しにあふれていました。
フライトが大幅に遅れたために、予約していたレストランは時間に間に合わず、キャンセルに。代わりに見つけたのは、とても素敵でフレンドリーなお店。お料理もかわいくておいしく、全員が満足の笑顔になりました。ところが後で気づいたのですが、実はそのレストラン、翌日のディナーに予定されていた「Tapas」だったのです。



 
 

6月12日

 

コペンハーゲン

今日はフードツアーへ向かいました。アーラフーズ日本市場担当のアネマリさんと、まずは「Torvehallerne(トーヴェヘーラネ)市場」へ。ここは約60ものショップがあり、豊富な野菜や食料品が集まるマルシェです。コペンハーゲンのベストシーズンとあって、多くの観光客で賑わっていました。
マルシェ内では、アーラフーズのプレミアムチーズ・スタンド「UNIKA」で、ここでしか取り扱っていない高級なチーズに舌つづみ。
その後のツアーは大忙しでした。植物園の中の養蜂スペース見学、デンマークの伝統料理であるスモーブロー(オープンサンドイッチ)のランチ、マイクロ・ブリューワリーでオーガニックビールのテイスティング、昔ながらの手作りキャンディショップ見学、オーガニックソーセージのホットドックを味わったと思ったら、歴史あるベーカリーでシナモンロールを食べ、またまたマルシェへ戻ってチョコレートに、アイスクリーム試食など、訪問場所満載のスケジュール。想像以上のバラエティに満ちた4時間のフードツアーは、ウォーキングエクササイズにもなりました。
前日、予定されていたレストランに行ってしまったので、この日訪れたのはとても素敵な、元教会だったというレストラン。研修ツアーの案内をしてくれたアーラフーズのアネマリさん、アネッテさんとご一緒しました。ここでは旬のホワイトアスパラガスや、ロブスターなどをいただき、楽しい時間を過ごしました。



 
 

6月13日

 

コペンハーゲン

本日の午前中は、コペンハーゲンのボートツアー観光です。コペンハーゲンといえば、ここ、というカラフルな建物が並ぶニューハウンをスタートして、新旧さまざまな建物を水の上から眺めます。あの有名な人魚像の周辺は観光客でごった返していましたが、後ろ姿をボートからゆったり見ることができました。その後、迎賓館としても使用されている宮殿、クリスチャンボー城を見学。ガイドの方の丁寧な説明に聞き入りました。
ランチは城内にある、元食料倉庫だったという塔の中のレストランへ。食後に展望台へも登りましたが、コペンハーゲンの風物詩、平野を渡る強風に体が飛んでしまいそうでした。
午後からは「La Glace」という、歴史あるお店で伝統的なデンマークのケーキを購入し、アーラフーズのアネッテさんのお宅へ。デンマークスタイルのお住まいに、住吉さん、中嶋さんも「素敵ですね」と興味深く各部屋を拝見。ケーキは「濃厚そうな見た目と違い、味はさっぱり」と、日本との違いを楽しんでいました。
夜は市民の憩いの場、チボリ公園へ。ノスタルジックな園内の「Grøften」で、この時期にしか食べられない、旬真っ盛りの小エビの料理などを味わいました。



 
 

6月14日

 

コペンハーゲンからオーフス経由ホルステブロへ

いよいよ、アーラフーズのクリームチーズ工場のある、ホルステブロへ向かいます。アネマリさんの車でボート乗り場のオッデンからオーフスへ。ボート内のランチビュッフェはとても充実していて、