BUKO クリームチーズコンテスト 2015 デンマーク研修レポート


 

4月17日

 

コペンハーゲン

スカンジナビア航空(SAS)で夕刻、コペンハーゲンに到着。フライトの疲れも、初めて見る美しい北欧の風景にいやされ飛んでいきます。ホテルにチェックイン後、レストランTony’sで夕食。伝統的なデンマーク料理とイタリアンを融合させた料理をいただきました。食事が美味しくワインがすすんで、西山さんも鈴木さんも少しほろ酔い加減(!?)。週末ということもあり、ファミリー客が多く店内は賑やかでした。
お店を出た時はすでに夜9時を回っていましたが、まだ外は明るく、ヨーロッパのデイタイムの長さを実感しました。


 
 

4月18日

 

コペンハーゲン

今日はフードツアーに参加します。食を通してデンマークの伝統・文化に触れるスケジュールに、ワクワクの二人です。
アーラフーズ日本市場担当のアネマリさんと、フードツアーコンダクターの案内で、まずTorvehallerne(トーヴェヘーラネ)市場へ。このマルシェには 約60もの小さなスタンドショップが集まっており、あらゆる食材が揃っています。またアーラフーズのプレミアムチーズのスタンド「UNIKA」があり、このお店しか取り扱っていない高級なチーズが並んでいました。
次は近くの植物園を散策し、蜂の養蜜箱が並んだ場所を訪問。昼食はデンマークならではの伝統料理、スモーブロー(オープンサンドイッチ)。見た目も華やかでデンマーク料理の奥深さを感じることができました。その後はマイクロ・ブリューワリ-でオーガニック系ビールをテイスティングしたり、キャンディーショップのSomods Bolcher(スモールズ)でたくさんの種類のキャンディーを見ながら、お土産用にも購入。そして最後は、オーガニックソーセージのホットドッグにチャレンジ。
夕食は、とってもお洒落なお店で、ワインを楽しみながらお肉料理などを堪能しました。ここでも美しい盛り付けでサーブされ、これからのデザートづくりの参考になるなあ、と感じた夜でした。




 
 

4月19日

 

コペンハーゲン

今日はコペンハーゲンの市内観光です。まずは運河クルーズへ。ボートに揺られながら、コペンハーゲンのモダンな建築物から古き良き伝統を感じるお城や教会などを見れば、絵はがきの中にいるようで気分も高揚します。
そしてクリスチャンボー城を見学。デンマーク王室や政府の迎賓館でもあり、国会議事堂・内閣府・最高裁判所などの施設もある格式高い場所です。ランチは城内にある、デンマークでいちばん高い塔の中のレストランへ。その後は、デンマーク市内のスイーツのお店を訪問。まずPeter Beier(ピーター・ベイアー)という、チョコレートで有名なお店で試食。かわいらしいデザインとディスプレイの店内が印象的でした。
スイーツ巡りはまだまだ続きます。続いて、La Glace(ラ・グラーセ)という歴史あるお店で伝統的なデンマークのケーキを味わいました、見た目は濃厚そうですが、食べてみるとすごくさっぱり。
さらに夕食は、コペンハーゲンの人々の憩いの場所、チボリ公園内の、Grøften(グロフテン)というレストランへ。サーモンや豚肉など、デンマークの伝統的なメニューを食べることができ、一同大満足でした。夕食後はチボリ公園内をそぞろ歩き。この公園は、クリスマスのイルミネーションでも有名です。この夜も、きれいなライティングに魅了されながらホテルへ戻りました。






 
 

4月20日

 

コペンハーゲンからオーフス、そしてホルステブロへ

移動日の今日は、朝からアマリエンボー宮殿へ。王室の居城として使用されていて、城の前には銃を携えた護衛が警備中。鈴木さん、西山さんも護衛と一緒に記念撮影。
さて、港からフェリーでオーフスへ。オーフスからはアマネリさん運転で約2時間の移動です。移動途中に赤レンガのかわいい教会に立ち寄りました。大きなパイプオルガンや神聖な装飾、祭礼品などが神秘的でした。
そして、ホルステブロ近郊にあるアーラフーズの契約酪農家のファームに到着。牛舎、搾乳場などを見せてもらいましたが、想像以上に清潔に管理されていました。ストレスを与えないよう、牛の健康管理チェックや牛舎内などの衛生管理も徹底しています。質の高いミルクを作り出すために、酪農家の方々が最大の努力を図っていることがわかりました。
農家を訪問した後、Bilka(ビルカ)というスーパーマケットに立ち寄り、アイスクリームを食べながら店内でお買い物。乳製品の売り場にはアーラフーズの商品がたくさん並んでいました。商品のパッケージに描かれている女の子の絵は、とても可愛いくて、印象的でした。
夜はKlippen(クリッペン)というレストランでディナーを。ここでもデンマークの伝統的な料理を堪能。こだわりを感じるお料理でした。