BUKO クリームチーズコンテスト 2012 デンマーク研修レポート


 

9月1日

 

コペンハーゲン

コペンハーゲン到着後、早速ディナーへ。牛肉の骨をプレートにした盛りつけなど、独創的なサービスに2人とも驚き。腹ごなしをした後はホテルに戻って、明日からのスケジュールに備えます。


 
 

9月2日

 

コペンハーゲン

あいにくの雨の中、アーラ フーズ日本市場担当のアネマリさんの案内で1日がスタート。今日のメインは4時間半のフードツアーです。国産の、安全でおいしい食材を購入できるマーケットプレイスへ。
デンマークの食と歴史について、ガイドの説明を受けながら2人とも興味津々で各ブースをのぞきます。もちろんアーラ フーズのブースも訪問! ここでは、アーラ フーズが国内トップ30のレストランに卸している業務向けチーズ、UNICAを販売しています。
サンクトペトリスベーカリーでシナモンロールをいただいた後は、工房を見学。続いて、100年続くキャンディストアSomods Bolcherでキャンディの製作行程を見学したり、ビールやワインを味見したり。食べ物の歴史は国の文化と歴史そのもの。2人の口から、次々に質問が飛び出します。
最後はチボリ公園内のレストランでディナーをいただき、実り多き一日となりました。



 
 

9月3日

 

オーデンセ、オーフス

17世紀に建てられたローゼンボー宮殿を見学。中世の歴史を今に伝える重厚な佇まいに、2人ともため息。その後、運河を見ながら盛り上がり、急遽ボートツアーに参加することに。川の上から見る街並は格別で、2人とも終始笑顔です。
街を一望できるレストランでランチを終えたら、1870年より続く由緒あるケーキ店、ラ・グラスを訪問。思い思いにスイーツを買い込み、アーラ フーズのアネットさんのお家へ伺います。室内をやさしく照らす照明を目にして、「デンマークは、日本と違って間接照明の文化なんですね」と三好さん。デンマークの生の暮らしに触れて、充実したひとときを過ごしました。



 
 

9月4日

 

コペンハーゲン、ホルステブロ

デンマーク王室が住むアメリエンボー宮殿を見学した後、フェリーでオーフスへ。デンマークを代表するビール、カールスバーグと共に船上でのランチビュッフェを楽しみます。
オーフスから車でホルステブロへ向かい、BUKOの契約農家ノーガードさんの牧場を訪問。広大な敷地では、700頭もの牛を飼っています。向井さんも「やっぱりすごい!」と驚きを新たに。質のいいミルクを得るための管理方法やプログラムについて学んだ後は、絞りたての牛乳をいただきます。濃厚なミルクの風味とコクに、2人とも感激してあっという間に飲み干します。
牧場を後にして、石畳の続くアートな街、ホルステブロを散策。「キュートな街ですね」と三好さん。夕食は、アーラ フーズのUNICAのお得意様でもあるKlippenへ。メインディッシュのステーキをはじめ、どれもおいしく話が弾みます。閉店時間をオーバーするまで歓談し、楽しい夜となりました。



 
 

9月5日

 

ホルステブロ

いよいよ最終日。ホルステブロにあるアーラ フーズのクリームチーズ工場を見学します。約5万平方メートルもの広大な敷地には、バター工場とクリームチーズ工場が併設されています。衛生面、品質面への配慮から、製造工程の大半がパイプラインの中で行われるクローズド・システム。「本当にきれいな工場ですね」と向井さん。三好さんは、オーガニックの素材を使用するなど、BUKOの味へのこだわりに驚いた様子です。BUKOをはじめ、さまざまな種類のチーズをテイスティングして、見学は終了。
空港に着いたら、旅の締めとしてデンマークのソウルフードとも言えるホットドックとカールスバーグビールをオーダー。最後まで笑顔の絶えない充実した旅行となりました。


 


 

 
参加者の感想
三好豊さん   三好豊さん
歴史を感じる街並、チボリ公園の幻想的なライトアップなど、目にするすべてが刺激的でした。フードツアーでは、歴史と食べ物とのつながりについてたくさんの発見がありました。特にスイーツが印象深く、素材の使い方や組み立てなどで新しい視点を得ることができました。
また厳しい認証制度をクリアした製造工程など、BUKOのバックグラウンドを知れたことも印象深かったです。企業の姿勢にも、歴史あるものを守りながら新しいエッセンスを取り入れていくというデンマークの風土が感じられました。この旅を通し、デンマークのことが大好きになりました。アーラ フーズの方々には、僕の尽きることのない質問に丁寧に応えていただき、感謝しています(笑)。本当にありがとうございました。
 
向井聡美さん   向井聡美さん
2度目のデンマークですが、今回も新鮮な驚きでいっぱいでした。アーラ フーズの契約農家では、その規模に改めてびっくり。広々とした解放的な環境で過ごす牛を見て、自然と食とのつながりを改めて感じました。
ホルステブロの工場では、チーズは脂肪分が低くなるほど酸味が強くなるというのを知って驚きました。テイスティングでいただいた100%脂肪固形分の入ったチーズは、とても濃厚でコクがあっておいしかったです。