BUKO クリームチーズコンテスト 2011 デンマーク研修レポート


 

6月10日

 

コペンハーゲン

12時間にわたる長い空の旅を終え、コペンハーゲンに到着!
ホテルチェックイン後、おめかししてディナーへ。
残念ながら曇り空ではあるものの、散策する街並みに2人とも興奮の表情。
コペンハーゲン泊。


 
 

6月11日

 

コペンハーゲン

午前中はコペンハーゲン観光の名物、運河のボートツアーに参加。
中世の面影を色濃く残す石造りの建物が立ち並ぶ街並を、
川面からゆったりと眺めます。
協会や城、赤や白の煉瓦でつくられた絵はがきのような街並に、
2人とも歓声とため息の連続。ボートから降りたら、市内を散策。
偶然、王室のメンバーの誕生日を祝うパレードに遭遇!
ランチは1888年オープンの老舗レストラン、イダ・ダヴィッドセンにて。
デンマークの伝統料理、スモーブローをいただきます。
お腹が落ち着いたら1870年より続く由緒あるケーキ店、ラ・グラスを訪問。
厨房を見学し、ケーキをいただきます。
2人とも、創作意欲を刺激されている様子。
その後、デパートの台所用品売り場でショッピングを堪能しました。
夜は地上20階に位置するレストラン、アルバート・ケイにて
デンマークの夜景を一望しながらフレンチを堪能。
コペンハーゲン泊。



 
 

6月12日

 

オーデンセ、オーフス

オーデンセに移動。途中、アンデルセンベーカリに立ち寄ります。
デンマーク最古のレストランのひとつ、オールド・インにてランチ。
「こうした方がおいしいんじゃない?」2人で和気あいあいと話しながら
セルフメイクのオープンサンドを楽しみます。
アンデルセン博物館を見学したら、デンマーク第2の都市オーフスへ移動。
アーラ フーズ日本市場担当のアネマリさんのお宅を訪問。
旦那さんのポールさんも2人を大歓迎。デンマークで初めての青空の下、
歓談しながらアフタヌーンティを楽しみます。
ディナーはレストラン・ドーフィンにて。ディッシュごとに
一番合うワインをチョイスしてくれるサービスに2人とも大満足。
「すごくおいしいし、ワインとの組み合わせも勉強になります」と向井さん。
オーフス泊。


 
 

6月13日

 

オーフス、ホルステブロ

オーフスの街に繰り出し、地元のスーパーで買い物タイム!
好奇心いっぱいで売り場を回る2人。
食品はもちろん、デンマークデザインに刺激を受けた出口さん、
チーズや家族へのお土産などを買い物かごいっぱいお買い上げ。
シーフードランチを堪能した後は、
ホルステブロのアーラフーズ契約酪農家、イエンスさんを訪問します。
牧場を見学し、快適で清潔な牛の生育環境や
オートメーション化された管理方法に感銘を受けている様子。
しぼりたての牛乳で乾杯した2人、「濃厚で美味しい!」と満面の笑顔です。
農家を改造した、味わい深いモダンなホテルに宿泊。


 
 

6月14日

 

ホルステブロ

ホルステブロにある、アーラフーズのクリームチーズ工場へ。
コンテストでも使用したBUKO1.8kgをはじめ、製造工程を見学。
普段は見学できない、発酵過程のチーズを見られることに。
フタを開けたチーズに近づいた向井さん、「すごくいい匂い」と驚きの表情。
「安全・安心な製品を供給し続けるって、改めてすごいこと」と出口さん。
できたてのクリームチーズに舌鼓を打って、旅は終了。
2人とも、充実感あふれる表情で帰途につきました。


 


 

 
参加者の感想
出口勝正さん   出口勝正さん
ライ麦パン、ニシンの酢漬け、ブルーチーズ、そしてBUKO。伝統料理やフュージョン・ ダニッシュと言われる異文化を取り入れた新しい料理まで、口にしたすべてのものに刺激を受けました。
また、移動の途中で目にした風力発電とヒートセンターには、日本を振り返ってさまざまなことを考えさせられました。街並散策の中で感じたのは、デンマークの人々のモラルの高さや優しさ。どこに行っても真心こもったおもてなしを受け、レストランではサービスの方々のプロ意識の高さに感心しました。料理、風景、現地の方々との触れ合い――本当に多くのインスピレーションをいただき、心から感謝しています。
 
向井聡美さん   向井聡美さん
オーフスで訪れたレストラン、ドーフィーネは、素材ごとに異なる色合いを見せてくれるワインと料理とのハーモニーに感動しました。また、あたたかく素敵なサービスが印象的で、忘れられない思い出です。
契約農家さんとアーラフーズの工場では、牛の生育から始まり、製品化されるまでの高度なシステムに驚くと共に、こういった環境から質の高い乳製品が生まれるんだなと納得。こうしたことも含め、中世を感じる古く美しい街並やモダンで洗練されたお店、そして自然と共存している人々の姿など、あらゆる面でデンマークの魅力を味わうことができました。本当にありがとうございました。